ルーフシェード写真a
HOMEルーフシェードTOP>従来工法との比較
ゴールド・エコテック受賞

従来工法との比較

低価格(従来工法に比べ大幅削減)・短期施工(1日約100u/1人)で
驚異の遮熱効果を実現。
従来の直射日光対策は、屋根材を二重構造にし内部にグラスウール等の断熱材を施す「屋根材二重構造」、屋根材に特殊塗料を塗布し太陽光線を反射させる「遮熱塗料」、屋根材にスプリンクラーを施し気化熱により温度上昇を低減させる「直接散水」や「屋上緑化」などがありましたが、いずれも初期投資やランニングコスト、効果の面から得策とは言えず、対策が急務となっていました。

 工法  施工の簡易性  ランニングコスト ×欠点・○優位性 
 ルーフシェード  屋根に穴あけ、
 ビス止め無し。   
 1日100u/1人の         
 施工が可能。
 シートの張替のみ  ○屋根材を紫外線から
  保護。
 ○雨音の消音。
 ○撤去も簡単。
 ×積雪量が30p以上
  の地域は取付不可。
 屋根材二重構造  工期が長い。
 レッカー等の重機が
 必要。
 重量が大。
 初期投資 大
 (後施工の場合・
   日本ワイドクロス樺イべ)
 ×屋根材間の断熱材が 
  暖まった空気を保温し
  てしまう。
 遮熱塗料  工期が長い。
 足場が必要。
 屋根の状態により
 下処理が必要。
 初期投資 大
 (高性能商品の場合・
   日本ワイドクロス樺イべ)
 ×汚れによる機能劣化。
 ×撤去不可能。
 散水  配管・スプリンクラー・
 ポンプが必要
 水道料金及びポンプ稼
 働用電気料金が必要
 ×湿気による屋根材の
  腐食。
 ×渇水時に印象が悪い
 屋上緑化  工期が長い。
 重量が 大。
 初期投資 大
 (日本ワイドクロス樺イべ)
 ×湿気による屋根材の
  腐食
 太陽光発電  工期が長い。
 レッカー等の重機が
 必要。
 重量が 大。
 初期投資 大  ○クリーンなエネルギー
  を生む。


ルーフシェードと遮熱塗料のデータ比較

◆建築物外皮による空調負荷低減等技術実証試験データ【ETVロゴ
ETV比較データ
*1:8月1日10日の期間中最も日射量の多い日時における、対象部での屋根表面温度・室温の抑制効果
*2:冷房を行わない時の室温
*3:放射温度を考慮した温度で、室温と室内周壁等の平均放射温度の平均温度
*4:夏季1ヵ月(8月)及び夏季(6〜9月)において室温温度が冷房設定温度を上回ったときに
   冷房が稼働した場合の冷房負荷低減効果
注)数値計算は、モデル的な工場を想定し、各種前提条件のもと行ったものであり、
  実際の導入環境とは異なります。

 

getpdf PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、
Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。